◇◆ Diary ◆◇

- 2019/07 -

2019/07/31 ( WED )


ガチャ更新!
「かがやく盛夏♪パラダイスサマー」

水着!圧倒的肌面積!
そしてりあむ!ボイス付き!
残念な性格とは裏腹の非常に魅力的なボディラインを惜しみなく発揮できる水着イベントでの実装は、もはや必然でした。
胸もだけど、腰からお尻へのラインすげえ。
ボイスは19歳の新人さんみたいですね。
第一印象は、はーちゃんみたいだなーって感じでした。抑揚とかスピードとかで。

* * * * *


イベ更新
「水着DEドリームLIVEフェスティバル」

こちらも水着!圧倒的肌面積!
いまかなちゃんの寝そべった故のあれがなんとも…いいね。


ガシャ更新!


新規乙倉ちゃん&ユッキ&三船さん!

3PUきたー。
どれでもいいから1枚ってのは引きやすい反面、どれか1枚と狙って引くのは難しくなりました。
恒常もWになりましたし、今後月末はこのパターンだろうなあ…つらみ。
乙倉ちゃんが欲しいところですが…深追いはやめとこう。

■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:136


新キャラ追加!

水着マコト。
「攻撃対象が1つの場合」という前提はあるものの、条件に合致する場合は人権of人権な性能をしています。
Wデバフに永続バフ。
既存マコトの上位互換と思わんばかりの超性能です。
人数制限がある以上、アリーナやマルチでの出番は難しいかもしれません。
しかしそうでない場合、特に単体クラバトにおいては、持ってないとお話にならないレベルとなるでしょう。
ここまでジュエルを散々ばら撒いてたのはこのせいかな…

アリーナでは使えなさそうなので、次回クラバトまでにあればよさそうです。
なので今回は、1日30連までという回し方でやってみようと思います。
ちょうど10日間分あるし。
ちなみに8/10までという、いつもより短期間なのは、そこから水メ&水タマ復刻が入るからでしょう。


のっけから虹3つ。

フェスかな??
フェスでも3つはなかなか記憶にない。
トモちゃん連続にも笑いました。

* * * * *


イベント開始!

カォンイベ。
お話的にはなかなか面白かったです。
マコトカオリはいいコンビですね。
気になっていたカスミにもちゃんと触れてくれてて安心しました。


イベント追加キャラはカオリ!

水着マコトがド単体アタッカーなのに対し、こちらは範囲アタッカーのようす。
説明文だけ見る限りでは、アタッカー寄りのツムギみたいな性能なのかなあと思いますが、どうでしょうね。
クラバト的には、速度中アップがどうなるかですが、たぶんマルチでなんとか活躍するかってところかなあ。
圧倒的人権ではなさそうなので、ほどほどでよさそうです。

また今回イベントには、ミニゲームが用意されていました。


シンプルだけど楽しくて爽快感もある。

ちょっとしたリズムゲーム感もあったり。
これまでのミニゲームの中では一番好き。


ほぼ悔いなしでのスコア。

あとは反射神経を磨くしかないって感じ。

* * * * *

専用装備追加。
今回も3人。


ルカ。

ダメージUP(1.75倍)、物防ダウン追加。
装備ステでタンク性能がかなり向上するみたい(140で物防72/魔防64)
順当な強化です。
でもそこまで大勢に影響はしなさそうです。


ナナカ。

デバフ値増加(66→110)。
装備ステの伸びも大きく、こちらも順当な強化。
最近多い範囲魔法勢たちとの相性次第でワンチャンあるか。


カスミ。

ダメージUP(2.5倍)、拘束時間延長(?)
今回一番化けそうなのは彼女。
拘束時間が「敵の数に応じて」増加するとありますが、多いと増えるのか、少ないと増えるのか。
後者であればさほど影響もなさそうですが、果たして…?



2019/07/30 ( TUE )


りかわいい、


りかわいい。

ところでデレステのこの絵柄は、カリスマちびギャル(特訓前)、G4Uに並ぶくらいめっちゃすき。
子供らしさとギャルらしさが溢れんばかりでほんとすき。
あと谷間。

そんな今日は、例年通りTwitterのTLが黄一色でステキなことになってました。
しやわせ…
RTマンですまない。
今日一日だけは許して。

また、先日の7/28には莉嘉Pたちが集まるお誕生日会も催されました。
生憎と自分は自宅からの念飛ばしとなりましたが、


りかんぱい☆はしておきました(*´∀`*)

あと、モバの方の所属プロダクションで、今週のPRAで優勝を目指そう!というムーブも起こってます。
単騎凸とか何年ぶりかっていうね。
めちゃめちゃ捗る便利なサイトも見つけました。
こちらも達成できるよう、ぼちぼち頑張ります。


「バベル」、おつかれさまでした。

ハイスコア5,005位w
最近限定やらフェス限やら追いかけてないしなあ…
編成の弱さが否めません。



2019/07/29 ( MON )
■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:136

今回はここまでほぼノーミスでやってこれましたが、今朝方の亀でミスりました。 くやしい。
戒めを込めて書き残しておきます。

まず、事前の模擬戦でちょっとTLと違った動きになりました。
それが起因で全体が綻び、gdりました。
再現性は低い(これまで数回程度)ため、もし本戦で起きたらこうしよう、と頭に置いた上で本戦を開始しました。
すると、見事に本戦でも同じ状況が起こりました。(原因@)
幸い、リカバリーが効いて、TLどおりに修正できました。
しかしこれで安心してしまい、1ヶ所デバフを待つところを待たずに打ってしまいました。 (原因A)
以後、それを悔やみつつのプレイングになったことで、集中力がガタ落ちしました。 (原因B)
結果、ラスト1秒にマコトとジータのUBが溜まって打つところ、マコトのUBが溜まらないことに焦り、先にジータを打とうとしました。 普段と違う動きをしてしまったことになります。 (原因C)
するとすぐにマコトのUBも溜まり、慌ててマコトを打とうとカーソルを動かしてる間にタイムアップしました。(原因D)
結果、2人とも打てずに終わりました。
慌ててタスキルするも、「本当に終了しますか?」の問い合わせに手間取り、その間にConnectingされ、終了しました。
(原因E)

なるほど…こんだけ原因があればそりゃこうなるかと、書いてみて納得。
ミスの積み重ねで起こるもんですね。

このことからあらためて分かったのは、以下のとおりです。
どれもタイムアップ間際でのお話。

・DMM版は、タスキルに時間を要する。
 Pad、iPhoneならホームボタンを押せば終わり。
 DMM版は、×やAlt+F4押しても一旦問い合わせが入り、その裏でゲームは進行している。
 特に残り時間0秒での際はMENUが開けないため、前者の方が圧倒的に有利。

・DMM版は、カーソルの移動がある分、時間を要する。
 Pad、iPhoneなら2ヶ所でも指2本で同時に捌ける。
 DMM版は、どこか1ヶ所しか捌けない(カーソル移動に時間を要する)

・事前模擬戦は、最後まで完走する。
 今回、途中まで追ったところで「もう大丈夫だろう」と切り上げてしまっていました。
 ラスト1秒の溜まる溜まらないは、最後まで完走していれば再確認できていたはずです。

残り5戦分。
これを念頭に意識定着を図ります。



2019/07/28 ( SUN )


「バベル」、フルコン。

前半のカッコイイリズム譜面と、終盤の所見殺し譜面が特徴的でした。
特に後半のあれは、今後も増えて行くかもしれませんね。
ホールド即フリックといい、視認性を下げることで難易度を高めているのは好きじゃないですけど。

■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:136

クラバトは最早消化試合になっており、淡々とこなすだけです。
うーん、次回あたり、なんらか変更が入れられるかもしれませんね。
3段階目への推移が早すぎるわ。

8月には1.5周年記念生放送で、今後のあれこれが語られるようです。
そこでなんらか発表があるかもないかも。
それ以外にも、アニメや★6の続報も楽しみですが、個人的には、とにかく、アリーナを、なんとかしてくれと言いたい。
バリアとか多段とかいろいろあるけれど、とりあえず15時決着じゃなくするだけでも相当違うはずです。
まあ前回シャッフルがちょうど1年前の8/20だったので、シャッフルだけしてお茶を濁す気もしますけどね…

* * * * *

ギルドハウス。


夏っぽく改装しました。

#ギルドハウスコンテスト」なんてのも開催中だったので、投稿してみようかな〜とタグを覗いたところ、レベルが違いました。
本職の人たちには勝てません。

* * * * *

次回イベント告知。


カォンイベ。

…1人足りないな?( 'ω')
予告ではカスミに一切触れられてなかったですが、本編では触れてくれるよね…きっと…

* * * * *

開花。


ねえさま★5

アリーナでかなーり厄介だったので。
とはいえ、対策分かっちゃえばなんてことはないみたいだけど。
ピースを25/150まで回収していたおかげで、そこまで秘石負担は大きくありませんでした(425個)


ついでにフル強化。

TP+2を信じろ。



2019/07/26 ( FRI )
■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:136


どうも。500位に定評のある我がクランです。

そんな7月クラバトは、早々に3段階目に入りました。
5体目ボスのHPが低いのも大いに影響してますね。

今日は休みだったので、朝から3段階目の研究をしていたんですが、割とあっさり5体分仕上げることができました。
もちろん、詰めるのであればまだ改善の余地はありますが、日々お手軽にサッと消化できる範囲でのTLを、今回は目指してみた次第です。
我ながら、なかなか満足行くものができました。
やる気あるときはガチTLを追えばいいし、時間がないときはお手軽TLで消化すればいいし。

そう考えると、4倍速の実装はそういうニーズを汲み取ってのものだったのかもしれません。
確かにオート実証の際は快適です。
ボタンを分けてくれればいいんだけどなあ。


ガチャ更新
「空色トリビュート」

水しぶき浴びてるの見ると、どうしても幸子が頭に浮かびます。



2019/07/24 ( WED )
■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:136


7月クラバト、はじまりました。

・クイックスタートの実装
 他人の編成を真似やすくなった。
 しかしクラバトは他コンテンツと違い開花状況やRANKに大きく左右されるため、単純に真似すればいいというものでもない。

・4倍速の実装
 等倍→2倍速→4倍速→等倍→…という、他コンテンツ同様のスキップ仕様であるため、邪魔なことこの上ない。
 多くの人がやっていたであろう、UB演出だけちょっと飛ばそう、というのが難しくなった。
 また、戦闘中に速度をいじるとカクつきが発生することもある。
 4倍速で戦闘開始してその後速度を変えたりすると発生するっぽい?
 なお、模擬戦のみの機能であることもまた混乱を招く要素のひとつ。

・5体目ボスのHP減少(2000万→1500万)
 HP増加を望まれていたはずが、逆に減らすという斜め上対応。
 3段階目がめっさ強く硬くなってるかもしれないけど、これまでのように3M4M出るんだったらただの愚作。

管理者変わったのかというくらい、なんだか最近おかしな対応ばかり。
モチベ上がらない(´・ω・`)

ボス所感(2段階目まで)

・ワイバーン    … いつもどおり。
・ランドスロース  … サンドバック。2段階目までは無害。3段階目で豹変する…?
・オークチーフ   … スタン運ゲ。クソゲの予感。
・ティタノタートル … 反射楽しいけど怖い。
・オルレオン    … 2段階目から火力がキツくなってきた。火傷イタイイタイ。



2019/07/22 ( MON )


ガシャ更新!


新規関ちゃん&めあいー!

メアリーはこれが初のSSR化です。
特訓前後とも、とんでもなく可愛いな…
特に特訓後の、ちょっと小生意気そうなアメリカ少女って感じがたまらない。
彼女もまた、スカチケ候補ということで…

* * * * *


イベ更新!


新規しきあす!

クオリティ高いな!
楽曲やMVも含めて。
コミュも、飛鳥が前回の蘭子との一件をキチンと活かしてくれているのには好感が持てました。
まだ第1話見ただけだけど。
男女人気共に高いキャラクターだと、力の入れようがまた違うのかもしれません。


MVは何かのRPGみたい。


MAS+は31で憤死するレベル。

なお、GRAND LIVE後初のアタポンイベントです。
上位を目指す場合、GRAND LIVEでの放置編成の有無が大きく影響しそうです。
というのも、獲得エンブレム数が段違いです。

MAS2倍 →106個
FORTE2倍→168個

その差1.58倍です。
スタミナ効率だけであれば大した差はないようですが、時間効率を考えると、1.58倍という差はとても埋めがたいものです。
しかも人気のしきあすでしょう。
今回結果は、大いに荒れそうです。



2019/07/20 ( SAT )
■ [Life] 雑記。

足掛け数年、ここ最近は土日をひたすら潰されてきたひとつの仕事が、今日で終わりました。
長い戦いでした。
これまでの自分の集大成だったな。
ここに居る限り、もうこれ以上はないと思う。
よい経験になりました。
いろいろな、本当にいろいろな意味で。

■ [Movie] 『 天気の子 』 ※ネタバレなし

ガルパン映画の放映前CMにて気になった作品。
公開初日にタイミングよく見ることができました。

実は新海誠監督作品はこれが初視聴です。
たくさんアニメ見てるのにね。 お恥ずかしい。

そんな初新海作品、非常に面白かったです。

特にその映像美には圧倒されました。
評判は聞きしに及んでいましたが、これほどまでとは。
ジブリやディズニーとはまた違ったリアルさがあります。
写実的で、めちゃくちゃ細かい。
これに慣れちゃうと他がお粗末に思えてしまうほどです。
実際、帰宅してから録画してあった他のアニメを見ると、「あれ?」という違和感を覚えました。
ああそうか、普通のアニメはこんなものかと。

お話は長引く梅雨の今年にもぴったりのテーマでした。
まあちょっと「えぇ…」みたいな部分もなくはなかったですが、それでも2時間引き込まれっぱなしだった事を鑑みると、十分魅力的でした。
他の要素(キャラクター性や音楽、演出等々)も、軒並みハイレベルにまとめられています。
一部の声優に俳優を起用していたようですが、あまり違和感はありませんでした。
むしろしっくりきていたまであります。

気が向いたら会社帰りにビール片手にもう一度観てもいいなと思えるくらいには、楽しめました。
残念なことに、観た回には延々咳込んでる人が居たのと、隣席のApple Watchがピカピカ目障りだったもので。
観客ガチャつらい。
なので次は、もうちょっと客入りが落ち着いた頃に、比較的すいてる夜に、隣席なしで、じっくりと観たいものです。

ちなみに。
お昼の回が終わるちょうどその頃、関東地方はそれまでの曇天から一転、夏の日差しが降り注ぐというミラクルもありました。
どんだけーw


ガシャ更新!


新規瀬名海!

「海」繋がりということで?
恒常W登場は豪華さあってよいですね。

■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:136

開花。


アン★5

今や魔法パの中核ですしね。
これまでレンタルで賄ってましたが、もう自分で持っててもいいレベルだろうと。
魔法パ2軍とかそのうちありそうだし。
チラッと見切れているグレアも復権するといいね…

■ [Site] web拍手res

> なぜかaikeさんてヒゲ無し族だと勝手に思ってたからシェーバーの日記見てびっくりしたっていうね/(^o^)\
むしろ濃い方なのでヒゲ無し族とかうらやましいわい(´・ω・`)



2019/07/19 ( FRI )


ガチャ&イベ更新
「ノンストップファイヤー」&「ぷちデレラコレクション」

時子様のスリット…!

■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:134


新キャラ追加!

水着サレンが1年越しに登場です。
ビジュアル値がとっても高い。
性能は、そこそこ硬い中衛の完全サポーターです。

開幕に、味方全員にTPを340程供給するというユニークなスキルは、短期決戦なアリーナ向けでしょう。
UBを打ちさえすれば回りが良くなるというキャラもいるので、その辺と組み合わせても面白いかもしれません。
オウカとか、ニュイとかね。

しかしながら、そのスキル1アクションが非常に長く、TP付与前に行動阻害されることも既に確認されています。
なので、防衛に置いたところで簡単に阻害される可能性もあります。
スキル2の付与値も低く、EXもほぼ関係ない攻撃力UPということで、開幕速攻と、UBを打つだけのキャラになりそうです。
やっぱりイリヤやハロシノみたいな、環境を壊すってところまではいかないでしょうね。

なお、兼ねてよりの問題ですが、大中小表記がいい加減すぎます。
例えば。

水着サレン サマーブライトフォース 行動速度を大アップ=行動速度上昇 約50%
モニカ   フリューゲルエール   行動速度を小アップ=行動速度上昇 約50%

モニカ   フリューゲルエール+  行動速度を大アップ=行動速度上昇 約100%
⇒サレンの「大」が、モニカの「小」と同じ

水着サレン サマーブライトフォース 物理攻撃力を大アップ=物理攻撃力1,417アップ
シノブ   ファントムコール+   物理攻撃力を中アップ=物理攻撃力1,620アップ
⇒サレンの「大」が、シノブの「中」より低い

以上のように、大中小の表記が一切あてになりません。
この辺、FFRKなんかは極力統一しようと割と頻繁に修正されてたもんですけどね。
数字書いてあるからいいでしょというのならば、誤解を招く大中小表記は書かないで欲しいものです。

そんな水着サレンですが、




比較的早めに来てくれました。

金1銀9の最低保障が1度もなく、これひょっとして流れ来てんじゃね?と叩き続けた結果です。やったね。

防衛はともかく、攻めのピースとしては優秀そうなので、育てといて損はなさそうです。
クラバトでも、豚みたいに速攻UBが必要、なんてボスが登場したら活躍の場があるかもしれません。

■ [Site] web拍手res

> ダンまち2はamazon primeで見ると、0話として振り返り回がありますね。地上波では流してないのかな?
どうでしょう。第1話前に特番があったのかなあ。

> 京アニ火災 ((((;゜Д゜)))))))
洒落にならない規模です…



2019/07/18 ( THU )
■ [Life] 雑記。

電気シェーバーを買い換えました。


Panasonic LAMDASH ES-LV5D


黒くてゴツい。

以前もLAMDASHで、7年振りの買い替えです。
替刃でも良かったんですが、毎日使うものだし、いいヤツにしとこーと思いまして。

ちなみに、上位3機種ほどありますが、以下の点しか変わらないようでした。

・全自動洗浄充電器の有無
・自動ロックの有無
・細かな残量表示の有無
・特別な収納ケースの有無 ※最上位機種のみ

洗浄は自分でやりたい派ですし、他はどうでもいいので、これがベストチョイスでした。

金色のパーツカラーリングがなんともダサいですが、それに目を瞑れば使い勝手はさすがに良好です。
前機種に比べて静かだし、5Dアクティブサスペンションが実によい。
ぐにぐに動いて顔の輪郭に沿いまくりって感じです。

朝がちょっと楽しみになりました。



2019/07/17 ( WED )
■ [Life] 雑記。

ここしばらく、神戸出張が多く、そこそこ色んな宿に泊まってきました。
中には全国展開している宿もあるため、神戸のみならず活用できると思うので、評価をまとめておきます。
ついでに過去訪れた宿も含めて。
参考にしてみてください。


【新神戸・三宮近辺】


★★★★★ ANAクラウンプラザホテル神戸

新神戸最強の宿。
新神戸駅直結というアクセスの良さもあるが、設備やアメニティ、展望も抜群。
しかし、値段が高い。
オフシーズンかつ平日かつ何らかのキャンペーンしてたりするときに狙うくらいしか機会がない。


★★★★☆ ユニゾイン神戸三宮 オススメ!!

2018年1月25日開業ということで、まだ新しい。
綺麗で、広くて、安くて、クオカードプランがあって、500mlの水とインスタントコーヒーとお茶が1杯無料で、ほとんど文句なし。
細かいところでは、洗面所の明るさ調整ができたり、浴槽横に小物を置く棚があったり、ティッシュが半分タイプじゃなく普通の
大きいタイプなのも◎。
ちなみに1Fに松屋が併設されており、朝ごはんも食べやすい。
松屋なのにパンのモーニングがあるのもユニーク。


★★★★☆ スーパーホテル神戸

チェックイン時の受付のみで、あとは外出時もチェックアウト時もフロント対応不要というあっさりさ。
選べる枕の種類が豊富。だけどどれも小さい。
部屋は思った以上に広く、空気清浄機もあり、また天井が珪藻土で作られてるらしく、空気がいい気がして快適。
リラックス効果を高めるために全体的に明るさが暗めの設定にされてるのは一長一短。自分で選べるとなお良かった。
最大のグッドポイントは、朝食が豪華なこと。
無料だからと、食パンと卵とコーヒーくらいを想像していたら、とても無料とは思えない品数&クオリティで、びっくりした。
そのアドで+1。


★★★☆☆ ホテルヴィラフォンテーヌ神戸三宮

ユニゾインを知るまでは優先候補としていた宿。
館内室内共に非常にお洒落。気分がアガる。
ただし、値段が高め設定になりつつあるのが珠にキズ。


★★☆☆☆ ホテルリブマックス神戸三宮

2018年5月10日開業ということで、ユニゾインより新しい。
しかし、狭い。全体的に色々と、狭い。
キャリーケースを広げて置くスペースがない。
机の上に電子レンジがあるが、それが相当なスペースを占めているが、そもそもホテルで、しかも自室で電子レンジを使うことはほぼないので、邪魔なだけ。


★★☆☆☆ ほてるISAGO神戸

料亭旅館としてが主たるものだが、ビジホとしても利用可能。
温泉を有しているのも特徴的。宿泊の折には+150円で利用可能。領収書には注意。
しかし大浴場というには開放感はなく、狭い。 2〜3人も入れば窮屈に感じるし、気まずい。はず。
訪れたときは運よく貸切状態だったが、それ以外では入りたくない感じ。


★★☆☆☆ ホテルケーニヒスクローネ神戸

クマのキャラクターが至る所に配置されており、ビジネスホテルというよりは、ファミリー向けホテルのような雰囲気。
じゃらんで予約できず、公式サイトからの予約になるが、サイトの作りが非常に不親切で、分かりづらい。
実際の宿も、菓子店と並列しており入り口が分かりづらい。
それでいて大満足できるかというとそうでもない。
手間の割に期待はずれ感が大きい。


★☆☆☆☆ グリーンヒルホテルアーバン

狭いのは我慢できるが、ドアも壁も薄すぎて、外の音が丸聞こえ。
どれくらい丸聞こえかというと、廊下の音はドア開いてたっけ?と疑うレベル。
隣の部屋の音は、洗面音やTV、目覚ましやケータイの着信音とかまで聞こえるレベル。
それ以外も、ドアのU字ロックがなかったり、油切れでキーキー鳴ったり、物理鍵の開け方が厄介だったり(苦戦してる人多数)、
目覚し時計がなかったり、TVが20インチと小さかったりと、細かいマイナス要素が多々。
よほど困窮しない限り、次は選ばない。



2019/07/16 ( TUE )
■ [Anime] 『 まちカドまぞく 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★☆☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★☆☆☆
  • 最終話後評価 : 切
  • 漫画原作のアニメ。

    ビジュアルや展開的にきららかな?と思ったら、きららでした。
    つまり、萌え度の高い女の子たちがきゃっきゃする日常ものです。
    人間界に魔族や天使や魔法少女やらが存在して、あーだこーだするというのはもはやありきたりです。
    ちょっぴりシュールな笑いを織り交ぜつつ、コミカルに展開していくその内容は、好きな人は好きな雰囲気かと思いました。


  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • ラノベ原作のアニメの続編。

    前回からだいぶ間が空いての続編でしたが、残念ながら振り返り等々は一切無し。
    女神さまとベル君とヴァレンなにがし以外のキャラ覚えてない…
    という、知ってて当然という流れで展開されていくのはちょっと引っかかりました。

    中身は安定してそうですが、キャラ数も膨大なので、ここから入るのは難しそうです。

    ■ [Anime] 『 とある科学の一方通行 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★★
  • 第1話後評価  : ★★★★
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。
    とはいえ、元々ラノベ原作のスピンオフ作品。

    主人公を一方通行(アクセラレータ)として描かれる外伝です。
    原作では非常に悪役気質あふれるキャラクターだっただけに、どうなるもんかと思いましたが、こと主人公として立ててみると、なるほどどうして、なかなかサマになるものでした。
    ダークヒーローというと言いすぎですが、文字通りでもある一方的な強さは、見ていて爽快感すら覚えます。

    ちびっ子ミサカの言い回しが少々鬱陶しく感じたりもしましたが、超電磁砲同様、安定して面白そうです。

    ■ [Anime] 『 BEM 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★★
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • アニメ原作のアニメ。
    というと変な感じですが、「妖怪人間ベム」をオリジナルとする、リメイク作品のようなものです。

    人間になりたい妖怪という、元々のキャラクター設定を活かしつつ、現代風にアレンジされた世界観やデザインになっています。
    とりわけ、ベムベラベロの3人は、イケメン・美少女・ショタと、実に分かりやすい現代風アレンジが施されていました。

    バトルアクションもなかなかのもの。
    ストーリーがイマイチよく見えませんが、キャラ設定の高さで見続けられるかな?



    2019/07/15 ( MON )


    満足度 : ★★★★

    鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。
    だが、古書の知識は並大抵ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
    これは“古書と秘密”の物語。(Amazon抜粋)

    実在する古書に絡めた物語。
    文学作品とか詳しくないしな…と敬遠していましたが、全くの杞憂でした。
    多くはその本そのものに絡めて展開していくため、中身を知らなくとも楽しめるつくりになっています。

    文体は丁寧で緻密です。
    文字を追いかけていると、その情景をしっかり思い浮かべられました。
    スッと頭に入ってくるというんですかね。
    ミステリーらしく伏線もしっかり敷かれており、それが帰結する後半の展開はとにかく先を読み進めたくなる怒涛の勢いでした。

    登場人物の魅力も高いです。
    主人公もなかなか好感が持てるタイプですが、なにより、ヒロインの栞子さんが非常に魅力的です。
    とってもふみふみっぽい。脳内では完全にcv:M・A・Oでした。
    そもそも、栞子さんに惹かれて読んでみようと思ったわけですが、期待を裏切りませんでした。
    ただ、1巻の表紙では眼鏡を膝の上に置いており、なおかつ非常に見つけにくいため、初見では眼鏡キャラという認識がありませんでした。
    でも巻中では眼鏡姿がデフォのように触れられており、やや違和感がありました。

    オチが、<ネタバレ>往年のギャルゲーかっていうくらいのすれ違い</ネタバレ>だったのと、<ネタバレ>最後の田中のくだり</ネタバレ>は蛇足だったんじゃないかなあと感じ、-1。
    でもそれ以外は、非常に気に入りました。
    全巻追いかけるの決定です。


    満足度 : ★★★☆☆

    京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。 恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。 長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。 美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。 だが美星には、秘められた過去があり―。
    軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。(Amazon抜粋)

    くしくも、ビブリアと同じタイミングで同じようなジャンルとなりました。
    なんだろう、万能鑑定士もビブリアも本作も、いわゆる「切れ者女性の謎解きもの」というのはひとつのジャンルなんですかね。

    ということで本作は、喫茶店を舞台に繰り広げられる謎解きものです。
    舞台は日本の京都で、随所にこと細かくリアル地理的な描写も入り、現実的。
    しかし、主要な登場人物が皆コーヒーの銘柄やらなにやらをもじった名前になっており、それはとっても非現実的でした。

    文体はやや説明節が強く、また展開についてもかなり想像力を駆使させられるので、読んでいて少々疲れました。
    ミステリーってのは往々にしてそういうものかもしれないけど。

    台詞回しが独特で、そこだけ見るとラノベ色がなかなか強いです。
    やたらと長ったらしく、説明口調とでもいうべきか、とてもじゃないけど日常的に繰り広げる会話ではないです。
    「軽妙な会話〜」とあったので、もっと小気味よくポンポンいくのかと思いきや、ふたりの言葉遊び感が強い。西尾維新を彷彿。

    「謎はすべて解けた」的な決め台詞もあり、それはまあ、こういうジャンルである以上は納得もできます。
    しかし、主人公の「んぐぁ。」 という接頭語が非常に目に付き、鬱陶しく感じました。 またか、みたいな。
    「うぐぅ」や「にはは」よろしく、キャラ立てのためなのかもしれませんが、個人的にはマイナスに働きました。
    それもあったし、そもそも主人公の言動になんとも共感が持てなかったというのが正直なところです。
    ヒロインの美星バリスタは、聡明なのにちょいちょい可愛らしい一面が覗いてて魅力的なんですけどね。

    続巻はとりあえず、ビブリア読み切ってまた興味が再燃したら。

    ちょっと前だけど…


    ガシャ更新!


    新規るーみん&あかりんご!

    青と赤。
    わくわくさんの色んなムーブ(劇場参照)も面白かったけど、あかりんごのSSRよ。
    意外と早く来たなー。
    触覚ぴょこぴょこがとてもかわいい。
    スカチケ候補です。

    * * * * *


    イベ更新!


    新規斉藤さん!

    美肌に定評のある斉藤さん。
    してその身体つきもとってもナイスバディよね…実は…

    * * * * *


    「タッタ」、フルコン。

    またもやゆずコラボ。
    頑なにゆずばっかりコラボするデレステ運営。
    もっとコラボ先広げてクレメンス。

    ■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:133

    水菜ガチャ。

    初日に100連してからは、納税でのワンチャンを期待して様子見してました(途中ムラムラして20連くらい回したけど)
    残念ながら神引きのご縁はなく、いよいよ終了前日と相成りました。
    さてどこまで追いかけようかと思った矢先でした。



    キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

    クラバト専用キャラ(=月に7日程度しか使わない)っぽいし、どこまで追いかけるかすごく悩んだけど、結果オーライ。
    後半になるにつれ強くなる弓というと、シオリと役割がモロ被りしますけどね。
    どう区別させてくんだろ。
    とりま、今月のクラバトで試運転です。

    * * * * *


    限定復刻&プライズガチャ!

    プライズガチャは、ピースやら秘石やらハートやらがおまけで付いてくるガチャ。


    こんな感じ。

    既に所有&★5の人も、ピース欲しかったら回してねっていう形だし、新規にとっては普通に回すより断然お得なガチャ。
    ちなみに、これでピースかき集めてもキャラ解放はできないという罠あり。
    キャラ解放確認画面には、「アイテムが不足しています」と、さも足りてれば解放できるような記載があるものの、不可。
    これは誤解する人多いかもね…

    合わせて専用装備も解禁されました。
    これがまた、常軌を逸していました。
    初の限定専用装備だから大盤振る舞いなのかもしれない。


    水ペコ

    物攻UPが倍以上になり、物理クリが追加。
    ステでTP消費軽減が付き、回転率UP。
    ただし魔防ダウンは変わらないので、相変わらずイリヤを筆頭に魔法範囲の餌になりかねない。
    デメリットを消してメリットを伸ばせる、リンと組み合わせるとよさげかも?


    水コロ

    防御デバフ値が1.65倍の134に。
    これはマコトのブレイブハウリング(108)やウルフェンバイト(121)よりも上の値。
    しかし使用頻度は高くない。
    そこまで凶悪ではないにしろ、刺さる敵には刺さるかも。


    水キャル

    可愛らしい装備デザインとは裏腹に、ダメージが1.5倍になって、デバフが追加。
    いや普通どっちかじゃね?
    これで水キャルは、その高火力ながら、ダブルデバフ持ちになりました。
    ステも優秀だし、典型的な壊れ調整(呆)
    魔法パエースの復権です。

    * * * * *

    開花。


    イオ★5

    有言実行、イベ終了を迎えて早速★5にしました。
    トータルで投じた秘石は485個。
    期間中、聖跡も回ってたからこんなもんですかね。
    いい仕事してくれるといいな。



    2019/07/12 ( FRI )
    ■ [Life] 雑記。

    職場用のサンダルを新調しました。


    OOFOS OOahh - 20 Black

    リカバリーサンダルと呼ばれているものです。

    Q.リカバリーサンダルって何?
    A.疲れた足腰のリカバリー(回復)を促すサンダルです。
      詳しくは、公式販売店の紹介を参照のこと >>> NUTSオンラインストア

    雑誌で見かけて、気になって買ってしまいました。
    一見ちゃちな見た目をしてますが、いざ実際履いて歩いてみると、その体感は他にはない感じで、驚かされました。
    ふわふわ感が強く、NBのM996を初めて履いたときの感覚にちょっと似ています。

    .5サイズがないのでサイズ選択がちょっと難しかったですが、実測25.5の足で、26.0がドジャストでした。
    裸足ならドドドジャスト。靴下ならほんのちょっと窮屈さを感じます。
    でもたぶん、27.0だとぶかぶかしちゃうと思います。
    仮に26.5があったなら、間違いなくそれを選んでます。
    大体そんな感じのサイズ感です。 伝わったかな?


    分厚いソール。

    べらぼうにクッション性があって、ふわんふわんの履き心地です。


    極端にせり上がったつま先。

    この辺の形が、リカバリーたる所以なのかもしれません。
    普通に立ってると、つま先と踵が地面に接しない感じがします。
    足裏だけが接してる感じです。

    でまあ、実際職場でしばらく使ってみました。
    結果、 確かに足へのフィット感がすごく良くって、クッション性も高いので、疲れにくいです。
    他のスカスカのサンダル類と比べると、割と歴然とした差を感じました。
    リカバリー(回復)するか?といわれると正直疑問ですが、とりあえずもうcrocsには戻れないと思います。

    若干お値段は張りますが、職場用など、履いている時間が長いのであればあるほど、よいサンダルだと思いました。


    ライカ、おつかれさまでした。

    SSSに到達した時点で放置編成に切り替えたら、累計pが残念な結果になりました。
    なるほど、SSSに到達してからの全10Btoothでスコアタするイベントだったのね。
    結果何もないけど。
    次回以降はその結果に応じて報酬、みたいになるかも?

    そんな新イベは、これまであまり活用してこなかったキャラたちを多く使えました。
    なので、その目的のひとつは果たせていたんじゃないかと思います。
    しかし、限定キャラの持ち物検査的意味合いも強かったです。
    同僚レンタルできるのが唯一の救いでした。

    次回以降は今回の結果を受けていろいろ改善が図られてもっとよいイベントになるでしょう。
    楽しみにしています。



    2019/07/11 ( THU )
    ■ [Life] 雑記。

    キャリーケースを新調しました。
    先日の出張時に、車輪が破損したゆえ…
    ガワが取れただけで、道中なんとかガラガラはできたので、持ち上げて歩くという最悪の事態は免れました。


    無印良品 キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー(35L) ネイビー 

    重さ   → ○ 劇的に軽いわけではない
    静音性  → ◎ ツルツルの床だとほぼ無音
    収容力  → × 内部はベゼルが広く、車輪や支柱が内側に食い込んでいて見た目に反してかなり狭い
    取り回し → ○ 車輪性能が高くスイスイ動くがたまに初動で引っかかる
    お手入れ → ○ 外装がフラットかつ細かいザラザラのため汚れにくく掃除しやすい
    ハンドル → ◎ 伸縮部は1cm単位で動かせる。また、上部と横部に手持ち部あり

    車輪が2枚1組なので、剛性も高いのかなと。
    車輪ロックも、ケースの鍵も付いてます。

    見た目の美しさによって、収容力が犠牲になってる感がありますが、そこは実際使ってみてどうなるか。
    今まで入ってた物量が入るといいんですが…
    これを機に荷物のコンパクト化も図りましょうかね。



    2019/07/10 ( WED )
    ■ [Anime] 『 ヴィンランド・サガ 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★★
  • 第1話後評価  : ★★★★
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    ヴァイキングたちの生き様の物語。
    重厚なストーリーと丁寧な進行で引き込まれました。
    製作が進撃の巨人のところということもあり、緻密かつ精細な作りをしています。
    キャラクター数もそこそこ多いのに違和感がありません。
    背景含んだ世界観の描写もお見事です。
    戦闘シーンには、進撃で培った色々が活きてる気がします。

    翌週、翌々週の放送がないためか、一挙に3話放送されました。
    結果、非常にいいところで終わります。
    続きが楽しみです。


    満足度 : ★★★☆☆

    図書館で借りられたのは8巻までだったので、最新9巻は買いました。

    新シリーズに入ってからは特に、昔なじみのキャラたちが続々登場する展開が続いています。
    必然的にこれまでの話の振り返りも多いですね。
    それが記憶を辿るいい道しるべになってくれています。
    なにせ間もなく30年となる長編ですからね。 すごい。

    でもネタ的には昨今のゲーム要素が多く盛り込まれているのもとても面白いです。
    詩人のバフでPT性能が上がったり、敵を1匹ずつ釣ろうとしたら全部来ちゃったり、ダンジョンの謎解き要素だったり。
    作者さん本人も言ってますが、DQやゼルダをはじめとしたRPG全般、そういうゲームとともに育った世代には非常に馴染み深いです。

    続きっていうか、今後の展開が気になります。
    7年分くらいを一気に読み進めたから余計そう感じるのかも?
    ルーミィは、そしてパーティーはどうなっちゃうのー?!
    続巻はよ(1年半以上出てない)


    ガチャ&イベ更新
    「シンデレラガール本田未央」&「アイドルLIVEロワイヤル」

    CG未央が登場。
    特訓語衣装には六つ星があしらわれており、エモい仕様になっております。
    これでNG3人、CG揃い踏み。
    お次はトラプリですかね。

    ■ [Site] web拍手res

    > グランベルム というアニメも面白かったですよー 魔法少女なのに… 実際に見てご確認あれ!
    見てみました。 まどマギとローゼンメイデンと舞HiMEとWIXOSSを足して割ったようなロボットものだと思いました(小並感)



    2019/07/09 ( TUE )
    ■ [Life] 雑記。

    週末、また神戸出張して来たんですが、予想より大幅に早く上がれたので、有馬温泉に寄ってきました。


    きたわよー。

    何年ぶりだろうな。


    温泉街っぽい町並み。

    日曜でしたが、そこまで混んではいませんでした。

    今回日帰り温泉として伺ったのは、こちらです。

    >>> メープル有馬

    有馬温泉の駅からかなりの劇坂を上がったところにあります。
    全然歩いていける距離ですが、地図じゃ坂は分からんかったわ…

    着いたのがちょうど昼過ぎで、13時までお湯の入れ替えだか清掃だかだったので、先にお昼ご飯。


    翠楓亭。

    名前がいいよね。
    少ないなーと思いましたが、見た目に反して蕎麦がたんまり入ってて(ざるが深い)、おなかいっぱいになりました。
    ありまサイダーも効いたな。

    んでまあお風呂です。

    【Good】
    ・滝湯が珍しい
    ・タオル&バスタオルは無料貸出
    ・湯上りフリードリンク
    ・無料で使える洗顔料や化粧水等が豊富
    ・食事処や喫茶兼バーが◎

    【Bad】
    ・浴場が全体的に暗い(サイトの写真写りと全然違う)
    ・露天がない(身体を冷ましにくい)
    ・サウナがあるが水風呂がない(なんでやねん)
    ・湯上り休憩所がない(座れるスペースはたくさんあるが、寝転べるスペースはない)

    ということで…
    行き慣れてるスーパー銭湯に比べると、使い勝手はイマイチ。
    Goodもあるけど、肝心の風呂部分でのBadが大きいかな。
    お湯はさすがに気持ちよかったけどね。

    今度はまた違ったところを探していってみよーっと。

    ■ [Anime] 『 かつて神だった獣たちへ 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    化け物に変身できる能力で戦争に投じられて「神」と崇められ、しかし終戦後は自我の崩壊から「獣」と称され討伐対象となってしまう部隊の物語。
    北欧テイストな雰囲気と、いかにもないでたちのキャラクター達との組み合わせに真新しさは感じないものの、バトルアクションはなかなかのものでした。
    1話にしてタイトルを回収するというのもユニークです。

    とりあえず継続。

    ■ [Anime] 『 彼方のアストラ 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    一言で言うと、宇宙サバイバル。
    安全なキャンプのはずが、何かの事象に巻き込まれて遭難同様の状態に陥った少年少女が帰省を目指すお話。
    初回1時間。
    前半はちょっと不安でしたが、出発してからの展開や作画はなかなかしっかりしてたし、楽しめました。
    OP、すき。

    きっと個々人に秘めた過去やらなにやらがあって、話が進むにつれてぶつかりあいつつ1人ずつそれが明らかになって、結束が高まっていくんだろうなあと、今後の展開は読みやすそう。
    ちょいちょい入るギャグが鼻につきます。
    本編のシリアスさとのギャップ狙いなのかもしれませんけど。

    とりあえず継続。

    ■ [Anime] 『 Dr.STONE 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    人類が謎の石化現象に見舞われて、数千年経って文明が原始に戻ったところで主人公たちが石化から復活し、文明復興を目指すみたいな物語。
    あまりに突拍子のないストーリーで、なおかつなんで復活できるん?という謎が残ったりもします。
    しかし、ある種なろうに通ずるところもあり、成り上がり物語的には面白いかもしれません。

    主人公は基本上から目線で偉そうですが、それなりに困ったり焦ったりもするのはGood。
    キャラデザが独特なので引っかかる人もいるかも。

    とりあえず継続。

    ■ [Anime] 『 炎炎ノ消防隊 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★★★
  • 第1話後評価  : ★★★★
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    人体発火現象と、それを鎮魂する消防隊のバトルアクション。
    作画と、炎のエフェクト描写が尋常じゃない。
    それだけでも見てて楽しいです。
    しかしその分、テンポにしわ寄せが来てる気がします。
    ひとつひとつのシーンはスピーディーですが、その繋ぎ部分が遅いというか、ぎこちない感じがしました。 惜しい。

    とはいえ作画精度の高さと、男女ともにキャラ魅力もかなり高いので、これは人気出そうです。


  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • ラノベ原作のアニメ。

    ラノベ原作といいつつ、Fate/Zeroのウェイバーその後って感じのお話です。外伝的な。
    事件簿とあるからには、探偵的な要素が強めなのかしら。
    とりあえず、尊大幼女が可愛かったです。

    元が磐石なので、そう大きくぶれる要素はないかと思います。


    「Stage Bye Stage(PIANO)」、フルコン。

    ノーツの細さ、フリックの方向、この2つさえ慣れられれば、GRAND LIVEは楽しいかもしれません。
    少なくとも、SMART LIVEよりは。

    んでもってそんなイベントも、


    無事SSSに到達しました。

    ぼちぼちフルコン逃しつつ、なおかつ1BOOTH残しても、到達となりました。
    意外と余裕だったな。

    ちなみに、メダル回収だけを考えると、DEBUTでやろうがMASでやろうが得られる枚数は同じです。結果にも依存しません。
    なので、DEBUTで放置編成でぶん回せば、らくらく回収が可能です。
    ★15を目指すのであれば、一刻も早くSSSに到達し、放置回しってのが正解のようですね。


    レシピまで回収しておきました。

    なかなか楽しい新イベントでした。

    ■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:133

    開花。


    水イオ★4

    どうせ★5にするでしょうから、最初から秘石交換してさっさと★4にしました。
    ランクについては、R11だと耐久がなさすぎだったので、R13まで上げました。
    それだけで全然違います。
    ★5になるとさらに性能UPするでしょうから、楽しみです。

    ■ [Site] web拍手res

    > またヤバそうなものが。https://hobby.dengeki.com/news/794245/
    アルターのセイバーシリーズですか。前2つのメイドに比べるとそこまでインパクトはない…かな?慣れちゃったかな



    2019/07/05 ( FRI )
    ■ [Anime] 『 手品先輩 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★☆☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    高校の奇術部を舞台に繰り広げられる、15分のショートショートなギャグアニメです。
    へっぽこで残念な先輩がとってもかわいらしい。
    ノリやテンポもよく、頭カラッポで見られるので、気に入りました。
    主人公も、普通だけどエロワードにはピリっと反応する(反応するだけ)のが面白い。

    要所要所にエロスを絡めてきますが、もっと控えめの方があざとくなくていいのになあと思いました。

    ■ [Anime] 『 ダンベル何キロ持てる? 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★☆☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    肉付きを気にする女子高生が、ダイエット目的にジムに通って筋トレしていく物語。
    メインキャラクターはもちろん、女の子だらけです。
    いわば、萌え筋トレアニメです。
    なので、エロを髣髴させるような描写もチラホラ見受けられます。
    かといって中身が薄いかというとそうでもなく、真面目に馬鹿をやるとこうなるって感じ。
    思った以上にしっかり作られおり、アニメとしても楽しめるので、好感が持てました。


    月初ガシャ更新!


    新規茄子さん&ユッコ!

    なるほどなるほどー。
    フェス限からのこの流れ、やっぱつれぇわ。

    神秘的な茄子さんと、圧倒的美少女感を醸し出すユッコと。
    担当P死んだなこりゃ。

    最近やたらとイラアドが高まってる気がしますね。
    お隣とかの影響もあるかもしれません。
    よき。

    茄子さんは新特技「アンサンブル」持ちです。
    Coに特化した新種のスキブ、みたいな感じ。
    伸び率は以下のようだそうです。

      通常時 スキブ時 アンサンブル時
    スコア 17% 21% 26%
    コンボナ 18% 22% 27%
    コンセ 22% 27% 31%

    つよ。
    その分、時間が弱く(7高わずか)、カバー率は低い(60.7%)みたいですが、それをもって余りある高性能かと思います。
    限定だしね。そりゃあね。
    でもこれでまた、属性曲ハイスコアの敷居は上がるのかな。
    今後、多色のも登場するでしょうから、ますます加速するでしょう。
    やっぱつれぇわ。

    * * * * *

    カーニバル。


    RANK Sに到達しました。

    GRAND LIVEが解禁されました。
    15人取られるわけですね。
    よく考えて編成しないと…

    ポテンシャルBoothの伸び率がすごいので、そこはSRも混ぜて編成して、高火力なSSRは他に回したほうがよさそう。
    んで、GRAND LIVEもキャラ指定があるので、そこはそれに従って編成したほうがよさそう。
    んで、余りでトリコやプリンセスを編成、って感じでいいのかしらね。
    LIFE特化編成が脆弱ってか組み方が良くわからんのが個人的にはツライところです。



    2019/07/04 ( THU )
    ■ [Life] 雑記。

    保冷缶ホルダーを買いました。


    THERMOS 保冷缶ホルダー/ROD-002

    缶の飲み物が、ぬるくなりにくくなるというシロモノです。
    常温放置の際、かなり冷たさが続くようです。
    1時間経って飲んでみると、さすがに冷蔵庫から出したてのキンキンさはないけれど、まだ冷たいなとは思えるレベルです。
    当然、水滴もつきません。


    これを、


    こうじゃ。

    気持ちよくスッポリ入ります。
    内側に小さな突起が3つあり、それが絶妙な按配で缶を抑え付けているため、飲むために傾けても滑り落ちてきません。
    ホルダーの凹みも、持ち手にちょうどフィットして持ちやすいです。

    普通のタンブラーとしても利用可能です。
    そのままでも使えなくないですが、タンブラー自体の縁はちょっと鋭利なので、別添の飲み口を付けると飲みやすくなります。

    ぬるくなる前にあっという間に一缶空けちゃうなんて人には無用の産物ですが、これからの季節、愛用できるかな。

    ■ [Anime] 『 ワンパンマン 第2期 』 全12話を終えて。

  • 視聴前期待値 : ★★★★
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : ★☆☆
  • 制作会社が替わっての2期でした。
    作画の質が変わっちゃって、スピード描写でごまかしてる感じを受けました。
    また、サイタマの活躍がほとんどなく、主人公感がさっぱりなかったのも残念です。
    後半はもうガロウが主人公だったしね。
    それでいて、尻切れトンボなところで終わっちゃうというね。

    迫力あるバトルがウリの本作で、楽しめたっちゃあ楽しめましたが、1期と比べると、失速感は否めませんでした。


    「Stage Bye Stage(MAS+)」、フルコン。

    他の28(「あんずのうた」や「秘密のトワレ」)と比べると、到底その難易度ではないように思います。
    中盤にこちゃこちゃっとしたところがあり、難所らしい難所はそこだけです。
    他はリズミカルに叩けるし、やりやすい譜面です。



    2019/07/03 ( WED )


    新イベ開始!


    新規卯月&未央!

    ユニット的には、P.C.S.、Triad Primis、ポジティブパッションと、各属性の代表的ユニットが揃い踏みです。
    楽曲は、「Stage Bye Stage」。
    小気味よいサウンドが音ゲーとも相性よいように思います。

    登場人物が多いことから、コミュも豊富です。
    ユニット間でシャッフルして練習したりと、これまでの流れをちょっと変えているのも面白いです。
    選択肢で3つに分岐する形が2つ続きましたが、全部この形なのかな?
    繰り返し見ることになるのに、選択肢までのスキップができないのはちょっと煩わしいです。


    いいこと言うP。

    なんだかんだ、結局主力メンバーたちの編成で遊ぶことになるこれまでのイベントに一石を投じる形…になるとよいな。


    MAP画面。


    LIVEリザルト結果。

    手探り状態であれやこれやするの、楽しいです。

    要するに、「いくつかあるBOOTHでLIVEしてポイントをためて、Carnival Rankを上げていく」というイベントです。
    注意点として、「ひとつのBOOTHでは、ユニットと楽曲が固定になり、他のBOOTHでは使えない」という縛りがあります。

    序盤は1プレイでRANKが上がって縛りが解除されるんですが、RANKが上がるにつれ、1プレイじゃRANKを上げられなくなり、
    他のBOOTHでのLIVEを強いられ、他数ユニット、多数アイドルが求められる…ってスンポーです。
    ちなみに、同僚からアイドル1人を(たぶん各BOOTHごとに)レンタルできるので、トリコとかシナジーとか、ポイントとなるポジションが欠けていても、ある程度はフォローできます。

    そうそう、BOOTHには「クール属性有利」とか、「Vo○○%UP」とかの条件があります。
    これもまとめると、「VoDaViトリコ」、「CuCoPaプリンセス」の6つを用意すれば、大体事足りるように思います。
    全て網羅しようとすると、ちょっと持ち物検査感あります。
    なので、同僚レンタルが活きてくるわけです。
    なるほど、よくできてる。

    BOOTHに入ってから個別のアイドル入れ替えができなかったり、まだまだ煩わしさが見え隠れしていますが、初回だしね。
    もろもろの改善は、次回以降に期待です。


    「LIVE中♪」になっちゃうと、縛りが発生し、他のBOOTHでこのユニットは使用できない。


    楽曲も同様。

    強制的にいろいろ選択させる形が、なかなか良いですね。
    普段使わないアイドルにも出番があるってのが、実に良い。
    ただ、それはあくまで手持ちがたくさんある人にとって。
    初心者等、手持ちが揃ってない状態だと結構難しいんじゃないかな。
    そのための同僚レンタルかもしれないけど。
    その辺の按配も、今後の課題かもしれません。

    なお、イベントを遊んでメダルを貰えて、ボックスガチャに挑めます。


    凝った作りですが、まあ一般的なボックスガチャです。

    リセット対象を引けば、次の段階に行けますよっていうもの。
    段階がすごく多いので、最後まで完走できるのか不安です。


    ということで始まった新イベント。
    予想していたよりも、楽しいです。よく出来てる。

    * * * * *

    フェス追走。

    新規で委員長といつきが来てくれましたが、フェス限2人は被りでした…無念。
    Daチャーム欲しいようpq



    2019/07/01 ( MON ) - 2
    ■ [Anime] 『 進撃の巨人 Season3 Part.2 』 全10話を終えて。

  • 視聴前期待値 : ★★★★
  • 第1話後評価  : ★★★★
  • 最終話後評価 : ★★★★
  • 相変わらずの戦闘シーンのスピード感や迫力もさることながら、 コミックスだと訳が分からなくなってくるところが、端的かつ魅力的にまとめらており、非常に楽しめました。
    やっぱり進撃は漫画よりアニメだなと、あらためて感じました。

    物語的には極めて大きな分岐点であり、「進撃の巨人」の言葉も登場する重要なシーズンでした。
    そして次シーズンは「Final Season」とうたわれていますが…
    え、終われる…?
    原作まだまだあるけど…
    Part.xで分けていくのかしらね。

    原作だと難解な部分もアニメだと非常に分かりやすく見やすいので、多少長くとも今からでもオススメのアニメです。
    (現在トータルで59話)

    GRAND LIVE。

    ノーツ、特にフリックの見づらさはご意見しておきました。
    具体的な要望は以下の2点です。

    ・ノーツを太く
    ・フリックの方向を見やすく

    改善されるといいなあ…
    ちなみにPadだと、文字通り画面外からノーツが飛んできたりします。
    横幅が足りてない。
    そこまで致命的でもないですが、やっぱりちょっと、違和感はあります。

    でも正直、それら以外は、SMART LIVEよりはイライラせずに楽しめてる感じです。
    爽快感もあって、なかなか楽しいまである。

    それもあってか、PIANO4曲は、フルコンできました。

    一番苦戦したのが、おねシンっていうね。
    やっぱりホールドフリックが鬼門でした。
    しかもクロスしてるし。見えないし。
    他は慣れて来たのもあって、割とサクサクいけました。
    「Starry-Go-Round」は、スライドが長すぎてストレス譜面だったけども。
    せっかく広いんだから、もっと叩かせろって感じ。

    FORTEは左手の練度がかなり求められそうです。
    右手も、薬指まで導入できたら楽になりそう。
    いい練習になるかなあ?

    ちなみに、GRAND LIVEやってからWIDEに戻ると、ノーツが穏やかに見えます。
    単純に、見やすい!って脳が誤認してるのかもしれません。 変わってないのにね。


    MVも圧巻です。

    これLIVEの最後によく見るやーつ!!
    個々人が別々の動きするーとかそんな生っちょろい次元を遥かに超えて、もはやLIVEです(混乱)
    こいつぁすげえや…
    さすがに全曲GRAND化はないと思いますが、周年記念の楽曲とかは、今後GRAND対応していくかもしれませんね。
    期待してます。

    * * * * *

    最後に納税。


    新規くるみ!

    ありがとうございます…!



    2019/07/01 ( MON ) - 1
    ■ [Game] 『 プリンセスコネクト!Re:Dive 』 - Lv:133


    6月クラバト、おつかれさまでした。

    先月の反省で、次はそこそこプレイで〜なんて書いてましたが、結局そこそこガチプレイで〜になってしまった今月でした。
    今月も、ちょうど神戸出張と重なって、特に3段階目突入と同時に大きく時間が取れたのがラッキーでした。
    また、先月拝見できたTLテンプレを自前でカスタマイズし、雛形として起こし、全ボスに活用できたのもよかったです。

    自分でTLを組むのは大変ですが、人がUPした動画を見やすいようにテキスト化するのはさほど難しいことではありません。
    それで周知することで、全員のベースラインを底上げできるのであれば、お安いもんです。
    意識の高い人であれば、そこから更に改善点を見つけられたりもするしね。


    個人戦績。

    それなりに均等殴りを意識した結果です。
    いっときはもっとフラットになってたんですけどね。

    今回ボスは、物魔両方が有効な相手が多く、非常に立ち回りやすかったです。
    物理も物理で、カニさんが特殊な編成だったもんで、もうひとつをガッチリ組むことができました。
    ゴブリンがマズすぎるってことと、ネプテリオンが人気すぎるってことを除けば、過去いちやりやすかったかもしれません。

    ただ相変わらず、1段階目、2段階目の消化が早すぎるし、3段階目もボスのHPが低すぎるのが目につきました。
    凸被りやらを誘発して適わないので、早く何とかしてほしいところです。
    かといって、4段階目は要らないよ??

    キャラ的には、マルチターゲットがなかったおかげで、ムイミやトモがそこまで台頭しませんでした。
    代わりに登場したのが、新たに専用装備を引っさげたキョウカです。
    さながら、魔法版エリコのようにクリティカル発動に大きく左右されるキャラではありますが、多いに活躍してくれました。
    今後も魔法パクラバトのエースとして活躍が見込めることでしょう。

    オウカもようやく出番がありました。
    やっぱり、何回かは活躍の機会が与えられるんですかね。
    グレアやラム、エミリアもいずれは…ね。

    その他雑感。

    ◆今回の成果
    ・ TLテンプレートの作成と、その運用を確立できた
    ・ ついでにCalcの操作にちょっと詳しくなった
    ・ 動画確認→TL化→共有、の一連行動の経験値を積めた
    ・ 仮でもいいから全ボスTLを把握し、凸ルートを早期構築できると、その後がめちゃくちゃ楽だと感じた
    ・ ゴブリングレートのTLを作成できた(最大361万)
    ・ ライライのTLを得られた

    ◆今回の反省(次回への戒め)
    ・ 持ち越しの難しさ
      ライライで止まっていたので、持ち越し前提で殴ったところ、持ち越し先のネプが一瞬で倒され、長く待機状態になった。
      人気ボスを持ち越し先対象とする場合、あっという間に倒されるリスクがあることから、持ち越し狙いは危険。
    ・ ラスト1秒の判断
      通常攻撃HIT後にUB発動を狙ったところ、何かがズレていてUB未発動のまま終了し、最大100,000ダメージを損失した。
      ポーズもできず、タスキルも間に合わないため、ラスト1秒のギャンブルは非常に危険。
    ・ エリコUBのクリの出に不安になる
      1発目UBにて3Hitともクリが出ないことによる苛立ちと落胆から、その後の行動に綻びが生じた。最大5Hit分出なかった。
      エリコ単独であればオブセ時のクリティカル率は、43.95%(6/30時点) なので、むしろクリらないことの方が多いと心するべし。
    ・ 人気ボスの凸被り
      今回はネプテが特に人気あり。 シードレ明けに我先にと凸が始まることで、焦りが生じ、しょうもないミスをすることも。
      他に叩けるボスがいるのであれば、人気ボスは絶対やりたい人に譲るべきだと感じた。
    ・ 主要キャラの育成状況
      いい加減、アンナ専30じゃいけないということで、クラバト中に90に、クラバト後に140に。
      どうしてもアリーナ優先しちゃうでな。仕方ないね。


    最後に、今後の目標検証。
    仮に、現状の500位目標から、新たにボーダーになった300位を目指した場合の不足を洗ってみます。

    396位 4,224,533,326 1人平均:140,817,778
    300位 4,441,289,706 1人平均:148,042,990
    差分   216,756,380

    想像以上に差がありました。
    丸々1人分以上か…
    凸忘れ云々ってレベルではないですね。
    これはなかなか厳しいな。

    以上、今月のクラバト感想でした。

    [ Back ] [ Index ]