◇◆ Diary ◆◇

- 2017/10 -

2017/10/18 ( WED )


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS MASTER SEASONS AUTUMN!

シーズンごとにリリースされるシリーズ。
今回はAUTUMN編です。

・メイン曲 「秋風に手を振って」(相葉夕美、多田李衣菜、中野有香)
夏の爽やかさとは変わって、どこか哀愁を感じさせるようなメロディーと歌詞。
曲調で季節を表現するってすごいなあ。

・Cu曲 「Halloween Code」(安部菜々、乙倉悠貴、前川みく)
ところどころにゴシックな雰囲気も感じるワルツで、なんとなくSWNに似てる。
ちなみに明日からのイベントの課題曲。早い。

・Co曲 「さよならアンドロメダ」(渋谷凛、森久保乃々、大和亜季)
しっとり聴かせる系。軍曹の歌唱力がビシッとハマってます。

・Pa曲 「空想探査計画」(木村夏樹、浜口あやめ、日野茜)
好き。超好き。PaだけどそこまでハイテンションじゃないけどやっぱりPa、みたいな。
やすきちの歌声がほんとすき。口ずさみやすさも◎。


ガシャ更新!


新規三好ちゃん!

ピコピコしてる衣装が実に彼女らしい。

そしてキャラバンは大人しめに、いつき6+1、和久井さん2+1でした。



2017/10/17 ( TUE )
■ [Life] 雑記。

休日出勤→平日代休→その分の仕事が溜まる→翌出勤日がマッハ。
っていうのが続いていますAIKEですごきげんよう。
そして11月は、土日まるっと休めるのが18日と19日だけっぽいです。
なので、25日、26日のSSA振り返りLVは参加できませんが、奇跡的に6th記念イベのAbema放送は見れそうです。
よかった…
ちなみにSSAは最の高なので、行けなかったーとか、感想見てたらみたくなったーなんて方は是非行ってどうぞ。


ガチャ更新
「アチチなおいしさ」

上田しゃん!
やっぱり前回のジ・アースのインパクトが強すぎたので、今回のが大人しく見えてしまいますね。


結果発表!

ちな、当選者にはアプリ起動時に通知がなされて、左下のバナーが復活してて、タップするとこの画面になりました。


ででどん!

くー。1000万円当たったと思ったのにな!
ともあれ、ありがたく頂戴いたします。
明日のガシャ更新で使うかもしれないしね。

そんなガシャはそろそろ恒常美嘉来てもいいんじゃないかと思うんだけど。
誕生日合わせで来月の方が濃厚なのかな。



2017/10/16 ( MON )
■ [Life] 雑記。


Fateの映画を観てきました。

原作ゲームの桜ルートと言われる、桜をメインヒロインに置いた展開になる本作。
率直な感想は、前二作を見ているか、原作やっていないと厳しい。

これまで2度、同じstay nightがTVアニメ化されている(セイバールート、凛ルート)わけですが、特に冒頭なんかはちょいちょい同じシーンも描かれていました。
しかし展開全部を描き直してはいられないので、ある程度省略するわけですが、それが前作・原作を知ってる前提でカットしてくるので、最低でも誰が誰かとかぐらいは把握していないと、ちんぷんかんぷんになると思いました。
なので、これがFate作品自体の初見となる場合には、随分と敷居が高いなと。

でもまあ、映像技術はとんでもなく素晴らしいので、その映像美だけで楽しめるといっても過言ではないかもしれません。
逆にこれを気に、過去作を見るなんてのもありでしょうし。
正直自分もアニメしか知らない身なので、詳しいところは分かってないですが、雰囲気だけでも楽しめました。

全三部作ということで、全然終わりを見ることなく、この第一章は終わります。
続きは、2018年というアバウトな告知でした。
3ヶ月後でも、14ヶ月後でも通るわけですね。
お話忘れないうちに続きを見たいものです。


ちなみに今回の座席。

前日夜の予約で、どセンターを取れました。
平日朝いち回ということもあって、1割ぐらいの埋まり具合。ガラガラでした。
ただ、やっぱりこの周辺は人が集まりやすいので、いっそのこと最後尾センターでもいいのかなぁなんて思いました。



2017/10/15 ( SUN )
■ [Comic] 『 ぶんぐりころころ(1) 』 【AA】


満足度 : ★★☆☆☆

業界初!? メーカー公認“文房具”コメディ!!
魅惑の“文房具”たちの世界を柿心地さららがナビゲート! (Amazon抜粋)

実在する文房具を題材にした作品。
MONO消しゴムやマジックインキなど、見慣れたアイテムがゾロゾロと登場します。
駄菓子をテーマにした「だがしかし」の文房具版といった感じ。

しかし如何せん、ストーリーキャラクター展開と、それ以外の部分の魅力が希薄でした。
笑いのツボも合う合わないが激しいかと思います。

■ [Comic] 『 みつどもえ(19) 』 【AA】 完結


満足度 : ★★★☆☆

ドタバタ三つ子コメディ、完結。
気を張らずに読めて楽しい作品でした。
1巻からちょうど10年。ここらが区切り時だったのでしょう。
最後も大げさにすることなく、スッと終わったのもみつどもえらしいです。
いつか番外編みたいなので、成長したキャラたちの話を読んでみたいな。

総評 : ★★★☆☆

■ [Anime] 『 いぬやしき 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★★
  • 第1話後評価  : ★★★★
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    ひょんなことから余命僅かなおじいちゃんがサイボーグ化されて、ヒーローになってしまうお話。
    非常におもしろい。
    ノイタミナ枠の本気を垣間見ました。
    社会風刺も織り交ぜつつ、自然なCGアニメーションで魅せてくれます。

    1話ではもうひとりの主人公?の方はほとんど触れられていませんので、そこに触れてからが本筋でしょうかね。


    納税ちゃんみお。

    やったぜ。

    * * * * *


    和久井さんGET。

    おっと画像を間違えた。


    こっちでした。

    にゃんこが本体かのような演出が面白かったです。



    2017/10/12 ( THU )


    キャラバン開始!

    ちょうどいいので、SMART LIVEの練習も兼ねてやってます。
    しかし★15センターでTRICK譜面でも、2枠確定ではない模様。
    むう。

    そんなSMART LIVEですが。


    このスタイルに落ち着きました。

    右手でプレイが多いので、右側に判定部分を持ってきました。
    んで、バーに重なるところでタップ。
    そう、下の方に「PLAY AREA」っていう記載がありますが、これ嘘で、その範囲内じゃなくても判定されます。
    下半分が寂しいが故の描画なのかもしれませんが、誤解を招くのはどうかと思いますけどね。

    だもんで、バーに重なるときにタップという、旧来っぽいやり方ができるようになったんですけども。
    …であれば横向きの方がやりやすくね?
    っていう本末転倒な結論に行き着いてしまいました。
    実際、○が−になっただけで、大した差がないわけで…
    うーんw
    でもまあ、せっかくなので、縦画面で遊んでみようと思います。

    ■ [Site] web拍手res

    > https://twitter.com/y_c_d_i/status/917642943510470656 これがいい考察だな、と
    フレちゃんのはOFFの日にPとショッピングだったような…ってのは野暮な話ですね。ちゃまのは確かにそれっぽい…



    2017/10/11 ( WED )


    新モード実装!

    何かというと、「縦画面ライブ」です。
    単に縦向きにしたというわけではなく、それ用に作り変えられています。
    ほぼ別の音ゲーと思って相違ないです。

    右からくる棒が、左のバーに触れる瞬間にタップしたりフリックしたりスライドすればOK。
    大体直感的にこなせますが、スライドはやっぱりクセモノ。
    ちょっとだけ動かすとか、段階的に動かすとか、その加減が手癖になるまでちょっとかかるかなと。
    のっけに大きく動かしちゃうと、2回目の移動でそれ以上先にズラすスペースがなかったり。
    パソコンのマウスをマウスパッド上で動かす動作に似てるかも。
    「こ、これ以上下にいけないんじゃが…!」みたいな。
    一応、移動位置OKなら判定部分が大きく光るようになってるので、ある程度認識は出来るんですが、あまりに段階的だったり小刻みにやられると、感覚でこなさざるを得ません。

    難易度は簡単なLIGHTと、難しいTRICKがあります。
    前者は通常時のREGULARぐらい。
    後者はMASTERやMASTER+。
    とても両極端です。
    ちなみに楽曲ごとのPRPや実績も既存曲とは別枠です。
    おかげで、PRPはインフレしましたが、トップランカーで1,800とかになるんですかね。

    そんな新ライブモード。
    なかなか新鮮に感じましたが、やっぱり実装直後という事もあって、煩わしいこともちらほら。
    ・ノーツ判定は事後は極狭、事前はかなり広い
    ・上にも書きましたが、スライドの判定が微妙
    ・LIVE自体は縦画面だけど、事前の曲・ゲスト選択は横画面、事後のリザルトも横画面でいちいち向き変えるのがとても面倒

    特に縦画面横画面をくるくるしなきゃいけないのは全然スマートじゃないよね…
    ここの運営は改善速度に定評があるので、じきに対応が打たれるかとは思いますけどもね。



    2017/10/10 ( TUE )


    ガチャ&イベ更新
    「自称・カワイイ花嫁」&「目指せ優勝!アイドルチャレンジ大運動会編」

    季節はずれに花嫁ガチャ。
    幸子かわいい。

    イベントはアイチャレ運動会。
    むつみが後々追加かな?

    * * * * *


    戦力強化ナンジョルノ。

    スタ50くらい。お得。


    「TOKIMEKIエスカレート」ハイスコア更新。


    ランキングにも載りました。

    やったぜ。


    ついでに「M@GIC☆」でも更新。

    PRPちょうど1300になりました。
    プリンセスぱない。
    他、追いかければ1350くらいイケそうですが、MAS+が存在する今となってはもうキリがないのでまたいずれ…

    * * * * *


    ライパレおつかれさまでした。

    高見の見物してたらハイスコアが結構ギリギリでした。
    もう1日あったら危なかった。

    今回イベントでは、報酬取りきった後はスタミナ10のところを延々周回していました。
    たった消費10で、MAS+を始めとした各曲がプレイできて、なおかつファン数もすごく増えるっていう神イベだと気付きました。
    ある意味ランダム選曲もできるしね。

    前半ちょっとサボっちゃったので、次回こそは、きっちり日課をこなしたいな。

    * * * * *


    ガシャ更新!


    新規ありす!

    恒常ありす!
    特訓前にはなにやらどぎついピンク色した麺類が見えますね…
    後ろの同じ顔した金髪3人娘は図ったのかな?
    特訓後は秋の装い色がつよいですね。

    恒常なのに4高一瞬で、なおかつ7,000オーバーのステ値なので、特化スコア枠としてなかなか有用そうです。

    * * * * *


    「私色ギフト」追加。

    やったー!\(^o^)/

    シンデレラ楽曲の中でも屈指の好き曲です。うれしい。


    MASTER難易度は25。

    難所がなかったので、25の中でも比較的簡単な部類かと思いました。

    以下撮影会。


    足元から始まる。


    はいしんだ。


    カリスマ。


    カリスマ。


    きらりみりあ。この歩くポーズすき。


    妹をチラ見する姉。


    大丈夫かな?


    大丈夫そうだな。


    楽しい。

    この一連の流れ最高かよ。


    決め絵もステキ。


    と思ったらもう1枚。

    ありがてえ。



    2017/10/08 ( SUN )
    ■ [Life] 雑記。

    愛用の軽量ヘッドホン、MDR-MA900。
    購入当初より悩まされていたのが、サイドに髪の毛を巻き込まれる問題。
    スプリングやネジが垣間見えるアジャスト部がむき出しになっているため、毎回外すたびにそこに必ず髪を挟み込んでしまい、イテテな思いをしていました。
    今更ですが、いい加減何とかしてやろうと思って、


    なんとかしてやりました。


    養生テープをペタリ。

    たったこれだけで、快適(*´▽`*)
    黒のテープなら見栄えもよかったんですけど生憎手持ちにありませんで…
    緑は緑で、黒に映えてなんならRazer的な雰囲気もあるでしょ?
    ないか。

    ■ [Anime] 『 宝石の国 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★☆☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    簡単に言うと、宝石の擬人化です。
    ではあるものの、独特の世界観とCG描写がそれだけじゃなさを増幅させてくれています。
    静止画だとなかなか伝わらないので、これは動画で見た方がよいと思いました。
    ヒロインは唯一とりえのない困り者という設定はありがちですが、なんらか秘めたるものがあるのでしょう。たぶん。
    そんなヒロインフォスを演じる、もよちーこと黒沢ともよの要所要所でけだるい演技も見事です。

    ■ [Anime] 『 アイドルマスター SideM 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • ゲーム原作のアニメ。

    765、シンデレラ、ミリオンに続く第四のアイマスは、男性メンバーによる女性向け作品です。
    とはいえ、その内容のアツさ加減から、男性ファンも多く居るようです。
    0話、1話と、アイマスらしさを節々に醸し出しながら演出してくれて、「ああこりゃアイマスだ」と納得しました。

    キャラクターは当然男ばかりですが、「理由あってアイドル」ということで、各自なんらかの理由があってアイドルを志すところから始まるため、比較的メンバーの年齢層が高いのはちょっとした特徴でしょうか。
    主人公っぽい輝君が28歳だものね。

    そして気になるプロデューサーは逆に、女性と見間違えんばかりの中性的な見栄えと物腰。
    765やシンデレラとはまた違うアプローチで、各アイドルに対して接してるなあと思いました。
    …しかし特徴出すためだろうけどあの長い髪だけは好きじゃないな(苦笑

    ■ [Anime] 『 魔法使いの嫁 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★★
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    魔法使いの弟子…そして嫁として、どん底から拾い上げられたヒロインと、拾い上げたお師匠さんのお話。
    これまた世界観が独特で、「魔法」という設定を上手く活かしています。
    決して派手ではないものの、緻密な描写と引きこまれるストーリーで持っていかれる雰囲気もあります。
    今のところ今期で一番好き。

    ヒロイン役はあっちゃんこと種崎敦美。
    こないだのアニ雑で下積み時代を振り返っていましたが、それを聴いてからこの演技聞くと…すごい。
    そして彼女は演技中とそうでないときの差もすごいw

    ■ [Anime] 『 アニメガタリズ 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★☆☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • オリジナルアニメ。たぶん。

    アニメ好きが集まる部活モノ。になるっぽい。
    作中に登場するアニメは、みんなどこかで見たことあるような聞いたことあるような、パロディ的な名前ばかり。
    それらを題材にしつつ、所謂オタク活動を繰り広げる個性豊かなメンバーたち、みたいな感じでしょうか。
    言っちゃえば初期のげんしけんですかね。
    あれともっとポップに、女の子中心に変えた感じ。
    ヒロインがガチアニオタ…かと思ってましたが、その反対でした。
    題材的には好みだし、キャラも好きな感じなので、ちょっと様子見です。

    ■ [Anime] 『 クジラの子らは砂上に歌う 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメ。

    これまた独特の世界観で繰り広げられるファンタジー活劇。
    砂の上に浮かぶ鯨と呼ばれる島で暮らす人たちの物語。
    やや専門用語が乱れ飛びますが、雰囲気で把握おk。
    キャラ魅力も高く、一人一人の個性がかなり立ってるように思います。
    願わくば、欝アニメではないことを…

    ■ [Site] web拍手res

    > キノの旅で主演の悠木碧は14年前の同作が声優の初出演(当時11歳)という縁もあるので、ファンには感慨深い作品です
    なんと因果深い…



    2017/10/07 ( SAT )

  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • ソシャゲ原作のアニメの分割2期目。
    話数的にも14話からスタートです。

    ノリとしては変わらず、デフォルメされた可愛らしいキャラクターたちがちょこまか動き回ります。
    今期においては、声付きキャラは全員登場するらしいので、そこにも注目です。
    莉嘉ちゃんはくちゅん回も今期だとか。

    いきなり1話目でオリジナル話でしたが、いつものような巨乳描写がなくって、これでいいのよこれで、と思いました。
    1期では監督の趣味ってだけで、変に作品の方向性を捻じ曲げられたのが甚だ納得いかなかったですからね…
    今後もこの調子でいって欲しいですが、どうかな…

    ちな、長らく公式サイトにあってずっとComing Soon...だった「スペシャル」の項目はなくなってました。ようやく。

    ■ [Anime] 『 食戟のソーマ 餐ノ皿 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 漫画原作のアニメの第三期。

    例の如く続きなので、1期2期を見てないとお話にならない感じ。
    合わせて、ジャンプ漫画なのでより強い敵、より強い敵と登場するのはお約束。
    でも質は高いので嫌いじゃない。
    今期は特に、昔の敵は今日の味方、みたいな展開になりそうで、楽しみです。

    ちな、エリナ様の中の人が諸事情で交代になってましたが、さほど違和感なく。
    声優さんってすげーと思いました。

    ■ [Anime] 『 十二大戦 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★☆☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★☆☆
  • 最終話後評価 : 未
  • 小説原作のアニメ。

    西尾維新作ということで、十二支を語った数字遊びや言葉遊びが垣間見れますが、その中身はガッツリしたバトルロワイヤルものみたいです。
    開戦前の口上が、格闘ゲームの試合前みたいでユニークでした。
    かなりの勢いで殺し合うみたいで、バトルシーンの注力具合はなかなかのものです。
    まず目と耳がそこに奪われる事になりますが、きっとこの作者のことなので、どこぞに仕掛けもしてくれてるんじゃなかろうかという楽しみも抱きつつ、見ることになりそうです。

    ■ [Anime] 『 少女終末旅行 』 <第1話>

  • 視聴前期待値 : ★★★★
  • 第1話後評価  : ★★☆☆☆
  • 最終話後評価 : 切り
  • 漫画原作のアニメ。

    世界観がイマイチ捕らえきれずじまいでした。
    ほわほわした少女2人が、荒廃した世界に生きる…みたいな感じでしたが、それ以上何もなく。
    大変に眠くなります。
    ちょっと面白みを見出すことができませんでした。


  • 視聴前期待値 : ★★★☆☆
  • 第1話後評価  : ★★★★
  • 最終話後評価 : 未
  • ラノベ原作のアニメ。

    ネームバリューが非常に高い本作。
    なのである程度期待はしていましたが、それ以上の仕上がりを見せてくれました。
    セリフの言い回しは、所謂ラノベ風な鼻に付く遠回しなものが多かったですが、しかしそれを気にさせなくするほどの、話の引きこみ方でした。
    作画やアニメーションも、決して派手ではないですが必要なところはキッチリとしていて、丁寧な印象を受けました。

    なるほどなるほど。
    思春期にこれを読んでいたら確かに何か「分かった」ような感じでハマっていたかもしれません。


    大幅な進捗遅れでEx和歌山を本日クリア。

    今回はファン数稼ぎに勤しもうと思ってましたが、とんだ見込み違いとなってしまいました。
    ファミリアツインロスは思ったより大きかったです。

    * * * * *


    コンセ修正予定。

    ホントこの運営は有能です。
    ユーザーからの不満への反応が尋常じゃなく早い。
    しかし、スコアアップ19%にしちゃうのはどうかと…w
    これまで使い道に困っていたコンセですが、一躍スタメンどころかスコアタ必須になりますかね。
    プリンセス、スキブ、トリコ、オバロ、コンセ みたいな世界になるのかしら。
    となると、今度はスキブを各色欲しくなるでございますね。
    上手くできてる。



    2017/10/05 ( THU )
    ■ [Game] 『 FINAL FANTASY Record Keeper 』 - フレンドID:QS9Wj

    フェス第五弾追加。
    結局、水チェインを追いかけることにしました。
    が。

     
    あっさり。

    20連で出てくれましたヽ(´ー`)ノ
    よく見たらティーダセットでワロタ。
    にしても、我ながらよく1%をピンポイントで引けたものです…


    vsマリリスが40秒→20秒に。

    すごい。

    ■ [Site] web拍手res

    > 2本指フリックって基本テクじゃなかったのか・・・親指勢なので無意識にやってました。
    チュートリアルでもそんな話はないし、基本ではないかもですねえ。親指でも2本指で…?



    2017/10/02 ( MON )

    フリック抜け対策について。

    10.5に替えて以降、より頻発するようになって悩まされていましたが、「2本指フリック」の導入で大幅な改善を図れました。
    実際に1〜2ヶ月程運用してみて、その効果の程をまざまざと感じています。
    以下リンク先の画像をご覧になりながらどうぞ。

    2本指フリックとは

    出展 : 【デレステ】スターライトステージ質問スレ☆38 4レス目

    フリック抜け対策としては、これのポチ1つ目と3つ目が該当します。
    実際、これまでどう慎重になぞってもスル〜っと抜けていたフリックが、キッチリ認識されるようになりました。

    特にポチ3つ目の2連結フリックなんかは、体感的にはほぼ100%に近い精度で取れるようになりました。
    1本指でスーっと取るんじゃなくって、2本指でピッと取る。
    2連結フリックというより、単フリック2個という認識で処理
    します。
    参考画像にある通り、判定が一瞬で終わるためにMISS判定を貰いにくいのだと思います。

    また、
    3連結なら、単フリック1つと2連結1つ、
    4連結なら、単フリック1つと3連結1つ、
    みたいな考えで応用も利きます。
    単フリックを捌いた指はそのまま横にスライドさせて、ポチ1つ目にあるような補完的な意味合いで使えます。
    こうすることで、3連結以上の真ん中抜けもほぼなくなりました。

    なので、極力2本指で取りたいところですが、注意点もあり。
    それがポチ2つ目のような連続フリックです。
    画像は「あんずのうた」ですが、「Romantic Now」などでも見かけられます。
    要は、同方向同位置のフリックが2つ以上続くものに該当するのですが、これを画像のような短縮形ではなく、2本指でひとつずつ取ろうとすると、極めて高確率で巻き込みを誘発します。
    複数本による認識幅の広さが、逆に悪影響になってるわけですね。
    抜けに対して並々ならぬ効果を発揮する2本指フリック唯一のデメリットです。

    とはいえ、それをもって余りある認識精度改善なので、うまい事見極めて使っていきたいところです。
    フリック抜けに悩んでる人は是非一度お試しあれ。



    2017/10/01 ( SUN ) - 2

    スカチケ。


    とときん!


    ファン数編成に貢献するため。

    みりあちゃんやなつきち、川島さんなんかも欲しかったケド。
    それはまた次の機会に。

    * * * * *

    ツインテお姉ちゃん。


    ★15に。

    既に恒常SRが★15でしたが、記念ですものね。
    やっとかないと。

    ■ [Game] 『 FINAL FANTASY Record Keeper 』 - フレンドID:QS9Wj

    フェス第五弾。

    ・ユフィ関連→なんとしても欲しい
    ・水チェイン→是非とも欲しい
    ・ティナ関連→欲しい

    久々の本気モード。いざ。


    10-30連。

    出だし不調。
    火チェインはロックがいるから、クルルチェインだけは要らないなーと思っていたら、真っ先に出る始末。
    でも30連目でティナ奥義と共にクルル開幕纏いが出て、クルル>ロックになった感じ。
    ティナは怒れるので、いかり→予兆(纏い)→メルトン連打→OF奥義の流れがヤバそう。
    トランスしてようもんならもう手が付けられなさそう。


    40-60連。

    ユフィ閃技、ティナ低確率2回、ティーダ開幕纏いと、細かいところで欲しいものがポロポロと。
    下手なバースト引くよりよっぽど有用な装備たち。


    70-90連。

    70連、80連目でユフィ3種は揃い踏み。よかった…
    そこで終わろうかと思いましたが、あと20連だけ、水チェインを追いかけてみることに。


    100連。

    最後ミラボ2個で昂ったのにな。残念。


    折り鶴は黄色に。

    不倶戴天の方が水強化付いてるので良かったけどね。


    完成形。


    選べる必殺技数がヤバイ。

    むしろ枠が足りない。

    我流・血祭 …… OF奥義として最後の一手に最適。
    我流・鎧袖一触 ……  纏い&追撃効果でみなもげきりゅう運用がハンパなくヤバイ。
    我流・明鏡止水 …… 即時発動、そこそこのダメージ、割合回復、攻防大ダウンという便利スキル。
    我流・重ね身の術 …… 即時発動で分身2つ付けて忍者アビ中UP。
    ウータイの守護神 …… 纏い&バーストでアビ切れ対策に最適。
    生者必滅 …… 即時発動で水弱体を付けられて周りに貢献。

    うーむ。
    やっぱり自前水チェインがないのがなぁ…
    あればホント、回転数も相まって鬼神の如き強さだと思うのだけれど。
    うーーーむ。



    2017/10/01 ( SUN ) - 1
    ■ [Life] 雑記。

    るるきゃんDVDを買いました。


    佳村はるかのマニアックデート vol.1

    るるきゃんと仲良しゲストが毎回、色んなところにデートと称してお出かけするバラエティ。
    基点となるお部屋シーンではコント…もとい、ちょっとしたお芝居なんかも見られます。

    vol.1のゲストは2名。
    そらそらとりっかさま。
    やアじ!
    あからあまなターゲット層ですね。いいぞー。

    まずはそらそら回。


    自室感あるいでたち。


    漫画デート。

    それぞれの画力の差はこれまでの色々で明らかですね。


    コント前。

    ゲストが考える理想のデートを言ってもらって、それを実際演じてみようというものでした。
    5thで大阪公演を盛り上げたふたりだけに、仕上がってました。

    続いてりっかさま。


    リズサルと触れ合えるレストランでのデート。

    なんというチョイス。
    以前はうさぎが好きとも言っていたし、小動物が好きなんですねー。


    るる男。

    イケメン。


    あら^〜

    ノリから何から、さすがのりっかさま。
    番組自体も2ゲスト目ということで、なんとなく型が決まってきた感じでした。

    ちなみにメールが読まれるところがありましたが、投稿者の名前はおおよそひみつきち等で聞き覚えのある方ばかりでした。
    そりゃそーかw

    なんともふわふわした映像作品ではありますが、プライベートでのるる&ゲストの姿がいろいろと知れる内容でした。
    続巻も出たら買うと思います。
    例の武田氏もゲストに来てるみたいだしね!

    ■ [Comic] 2017年08月度 購入予定漫画。

    10/06  みつどもえ(19)
    10/07  働かないふたり(12)
    10/19  明日ちゃんのセーラー服(2)
    10/27  無邪気の楽園(12)
          キルミーベイベー(9)
    10/28  銀のニーナ(11)

    [ Back ] [ Index ]